parudou
parudou
parudou
更新日:2018/11/06

<SEOあるある>質が良いのに1位になれない3つの理由

「なんで俺の記事の方が質が良いのに負けるんだ!?」

SEOのあるあるだと思います。
明らかに内容が良いのに、詐欺のような低レベルな記事に負ける。
こうなるとやる気がなくなってくるだろう。

でもこれはSEOを理解できていると、起こらない不満です。
3つの理由があります。

1、1位は万人向けの記事

1位になるのは万人向けが対象の記事です。

くそ細かくマニアックなことを書いても1位になれない。
初心者が「わかりやすい!これこれ!」と思ったサイトが1位になる。
世の中、マニアより初心者の方が圧倒的に多いのです。

だから、SEOは初心者向けを意識しないといけない。
自己満足な記事ではいつまでも2位です。

2、1位は興味がない人も見る記事

暇つぶしで検索した人が満足する記事が1位になる。

自分が好きなジャンルだと文字ばかりでも読みますが、
そうでないと見た目がダメなら読まない。
面白そうな内容だと感じるタイトルだけクリックするものです。

「この記事を読むのは興味がない人ばかり」と思って記事を作る。
読ませるのではなく、見させる記事作りを。

3、1位はジャンル付けができている

1位のサイトは、そのキーワードで多く1位になっている。

1位になるとそのキーワードでジャンルが強く付きます。
どの複合ワードも1ページ目にくる確変状態に。
品質等に差があまり無い場合、ここが効いてきます。

え?1位を狙っているのに、そのキーワードの記事が一つしかない??
そら1位になれまへんわ。と商売人失格。

まとめ

一番売れるのはいつも万人向け

自分のサイト・記事は万人向けか?
その視点で一度見直してみてほしい。
マニアックすぎないだろうか?

ヒット商品は受け入れてくれる人が多いから売れている。
SEOでの品質はそこだと考えて良いです。

だから、万人向けで1位になり、マニア向けで3位になる。
そんな攻め方を。

是非ご感想・ご指摘等をください。

プロフィール

管理人:parudou
単なるWEBサイト作成マニアです。
底辺法人アフィリエイター。
Twitterはこちら

日記はパルどうSEOブログ

Copyright (c) parudou All Rights Reserved.