parudou
parudou
parudou
更新日:2018/10/08

<コピペ用>ワードプレスのタイトルタグ設定方法

<title>
<?php if(is_home()): ?>
<?php bloginfo('name'); ?>

<?php elseif(is_page() || is_single()): ?>
<?php echo trim(wp_title('', false));?>

<?php elseif(is_category() || is_tag()): ?>
<?php single_term_title(); ?>の記事一覧 - <?php bloginfo('name'); ?>

<?php elseif(is_month()): ?>
<?php the_time("Y年m月") ?>の記事一覧 - <?php bloginfo('name'); ?>

<?php elseif(is_year()): ?>
<?php the_time("Y年") ?>の記事一覧 - <?php bloginfo('name'); ?>

<?php elseif(is_search()): ?>
「<?php echo get_search_query(); ?>」の検索結果 - <?php bloginfo('name'); ?>

<?php else: ?>
<?php bloginfo('name'); ?>

<?php endif; ?>
</title>

これを<head></head>の間に入れます。

著者別ページなど抜けはありますが、
使うことは無いページは除外。
使うようになった時に追加していくので、とりあえずこれでいきます。

「<?php」の使い過ぎ?いいんです。修正しやすい方が…
アーカイブの2ページ目などはnoindexにするので、適当です。

解説

誰もが疑問に思うのが、「trim(wp_title(”, false))」の部分だろう。
面倒なことをしているのには理由があります。


この基本では、なぜか頭に空白が付いてしまう。
wp_title('')

↓

<title>  <コピペ用>ワードプレスのタイトルタグ設定方法</title>


そのため、空白を除去するべく、「trim」関数を使う。
echo trim(wp_title('', false))

↓

<title><コピペ用>ワードプレスのタイトルタグ設定方法</title>

ちょっとした気休めです。

後はまぁ、いたって普通です。
サイト名は入れなくてもGoogleが勝手に入れてくれるので、無くてもいい。
functions.phpでやる方法もありますが、カスタマイズ性の高さからこのやり方を推奨します。

カテゴリ別に変更する場合など、このやり方が簡単。
SEOを極めるなら、昔通りのやり方でコツコツと、です。

是非ご感想・ご指摘等をください。

プロフィール

管理人:parudou
単なるWEBサイト作成マニアです。
底辺法人アフィリエイター。
Twitterはこちら

日記はパルどうSEOブログ

閲覧履歴
履歴なし
カテゴリー
Copyright (c) parudou All Rights Reserved.