parudou
parudou
parudou
更新日:2018/10/15

エックスサーバーに自動でSSH接続する方法(Tera Termのマクロ)

エックスサーバーはSSHでの接続が可能です。
サーバーの移転、データベースで遊ぶのはやはりSSHが楽。

ということで、簡単にSSH接続できるようしておこう。

必要なソフトをインストール

teratermをインストール

WindowsでのSSH接続には「Tera Term」というフリーソフトを使います。
こちらの公式HPからダウンロードし、インストールしてください。

teratermインストールのコツはマクロを関連付けること

インストール時に上図が表示されるので、
上記部分にチェックを入れてください。

エックスサーバーのSSHを使えるようにする

エックスサーバーでSSH接続をできるようにするまでの準備作業

自動ログインマクロを作成するべく、
テキストエディタを開き、次のコードをコピペしてください。

;; 自分のサーバーのアドレス(変更要)
HOSTADDR = 'xxxxx.xsrv.jp'

;; サーバーID(変更要)
USERNAME = 'xxxxx'

;; パスワード用ファイル(この場所に自動で作成する)(変更要)
PASSFILE = 'D:\test\kagi\pass.dat'

;; 秘密鍵の保存場所(変更要)
KEY_FILE = 'D:\test\kagi\xxxxx.key'

;; パスワードの取得
getpassword PASSFILE USERNAME PASSWORD

COMMAND = HOSTADDR
strconcat COMMAND ':10022 /ssh /2 /auth=publickey /user='
strconcat COMMAND USERNAME
strconcat COMMAND ' /passwd='
strconcat COMMAND PASSWORD
strconcat COMMAND ' /keyfile='
strconcat COMMAND KEY_FILE
connect COMMAND

end

「変更要」の部分は、自分のサーバー等に合わせて変更ください。
「サーバーID」は「xxxx.xsrv.jp」の「xxxx」部分です。

できたら、「.ttl」という拡張子にして保存してください。
これにて自動ログインマクロが完成です。

そのファイルをクリックすると、
「パスフレーズの入力画面」が現れるので、
そこに鍵作成時のパスフレーズを入力してください。
これは初回のみ。次回からは入力不要です。

これにてクリックのみでログインできるようになりました。

エックスサーバーにSSH接続完了

エックスサーバーのOSは「CentOS7」です。
あまり制限がないので、「TOP」なども使えて面白い。
同居者も全てわかります。

サーバー移転においては、SSHでZIPファイルの解凍などをやります。

是非ご感想・ご指摘等をください。

プロフィール

管理人:parudou
単なるWEBサイト作成マニアです。
底辺法人アフィリエイター。
Twitterはこちら

日記はパルどうSEOブログ

閲覧履歴
履歴なし
カテゴリー
Copyright (c) parudou All Rights Reserved.