parudou
parudou
parudou
更新日:2018/10/08

プロがやっているワードプレスでの「noindex」タグの設定方法

「noindex」タグは、Googleから評価されないページに付けます。
インデックス数が多いと良いという時代は終わり、
高品質なページのみインデックスさせるのが、現代のSEOです。

設定方法

<?php if( is_paged() || is_date() || is_author() || is_search() || is_404()) : ?>
<meta name='robots' content='noindex,follow' />
<?php endif; ?>

これを<head></head>の間に入れます。

解説

noindexは検索結果でユーザーが求めていないページに設定します。
記事一覧ページや2ページ目など。
こういうのをnoindexにしないと、サイトの評価が下がります。

is_paged()

これは「2ページ目以降の場合」という指定です。
トップページの最新記事やカテゴリー等の2ページ目などをnoindex。
こういうページは1ページ目だけインデックスしておけばいい。

is_date()

これは年月日別の記事一覧ページのことです。
検索結果に表示させるべきページではない。

is_author()

これは著者別の記事一覧ページのことです。
サイトによりますが、ほとんどの場合は不要なページだろう。

is_search()

ワードプレスにおいての検索結果のページのことです。
さすがにnoindex。

is_404()

存在しないページのことです。
noindexを指定しなくてもインデックスされませんが、
念のために設定。

間の「||」は「or」の意味です。
または、または、という指定をしています。

--

とりあえず、これが基本です。

個別の記事に設定する方法

「この記事はnoindex」としたい場合があります。
その場合はこうします。

<?php if( is_single( array('10','25','50')): ?>
<meta name='robots' content='noindex,follow' />
<?php endif; ?>

数値は「記事ID」です。
noindexにしたい記事IDを入れます。何個でも可能。

固定ページの場合は次のようにします。

<?php if( is_page( array('10','25','50')): ?>
<meta name='robots' content='noindex,follow' />
<?php endif; ?>

こういう細かいnoindexがSEOで大事になってきます。
面倒くさがらず、しっかりと設定をしていきたい。

ただし

サイト作成当初は記事数が少ないため、
アーカイブページ全般をnoindexした方が良いです。
(カテゴリー、タグ、日付別のページをnoindex)

<?php if( is_paged() || is_date() || is_author() || is_search() || is_404() || is_archive()) : ?>
<meta name='robots' content='noindex,follow' />
<?php endif; ?>

最初はトップページと記事だけをindexするようにしています。
記事が増えてアーカイブページが魅力になった時に、そこもindex。

実際、自分が検索していて、アーカイブページをクリックしてしまうとガッカリ。
できる限りは記事が優先して表示されるよう心掛けたい。

是非ご感想・ご指摘等をください。

プロフィール

管理人:parudou
単なるWEBサイト作成マニアです。
底辺法人アフィリエイター。
Twitterはこちら

日記はパルどうSEOブログ

閲覧履歴
履歴なし
カテゴリー
Copyright (c) parudou All Rights Reserved.