parudou
parudou
parudou
更新日:2019/08/03

googlebotだけ非表示にする条件分岐方法(ワードプレス・サーバー負荷軽減)

スパムのbotはnginxや.htaccessで拒否するので問題ありませんが、
一番負荷をかけてくるGoogleは拒否できない。

ということで、無関係なJavaScriptなどは表示しないようにさせよう。

googlebotを判断する関数

次のコードをfunction.phpに書きます。

function is_search_engine_bot(){
$useragents = array(
'googlebot',
'bingbot',
'Yandex',
);
$pattern = '/'.implode('|', $useragents).'/i';
return preg_match($pattern, $_SERVER['HTTP_USER_AGENT']);
}

ついでにbingさんとyandexさんも登録。
ただユーザーエージェントで判断するだけのシンプルなものです。
いくらでも追加可能。

googlebotはこちらへ・・の使い方

<?php if(!is_search_engine_bot()) : ?>

ここにgooglebotには非表示にするコード

<?php endif; ?>

ユーザーエージェント指定の文字が含んでいなかったら、というif文です。
モバイルの振り分けのやつとほぼ同じやり方。

非表示にすると良いものとしては、アナリティクスやスライドショーなど。
この記事でも使っているコード綺麗綺麗表示JavaScriptも除外しておくと良いだろう。

ページ数が多く更新頻度の高い大規模サイトの場合、
googlebot先生を特別待遇することも重要になってくると思います。

是非ご感想・ご指摘等をください。

プロフィール

管理人:parudou
単なるWEBサイト作成マニアです。
底辺法人アフィリエイター。
Twitterはこちら

日記はパルどうSEOブログ

閲覧履歴
履歴なし
カテゴリー
Copyright (c) parudou All Rights Reserved.