parudou
parudou
parudou
更新日:2019/08/03

アドブロック利用者を判定し、アドセンスの代替として別の広告を表示する方法

憎きアドブロック!!

とは言いながら便利ですね()
だいたい、アドセンスの掲載上限が無くなったからといって、貼り過ぎです。
結果的にアンチ広告になって、この様。
いや、主犯はYoutubeかな…。

アドセンスはオワコンになってきたので、代替を設定しておこう。

アドブロックの判定方法

アドセンスを貼付しているページで、
アドブロックが使われたことを判定するコードはこちら。

<script>

setTimeout(function() {
if(document.getElementById('google_esf') === null) {

}
}, 100);

</script>

JavaScriptで判定します。
アドブロックはアドセンスのコードを抹消するので、
そのアドセンスのコードで使うIDの「google_esf」がjsで検索して見つからなければ利用判定。

使える判定コードは様々あるので、ここは好きなようにして良いです。
chromeのデベロッパーツールなどで確認を。

具体的な使用例

<div id="daitai"></div>

<script>

setTimeout(function() {
if(document.getElementById('google_esf') === null) {
var doc0= document.getElementById("daitai");
doc0.innerHTML= 'ここに広告のコードを入れる';
}
}, 100);

</script>

空のdivを用意しておき、そこに「innerHTML」で挿入するだけ。
ほとんどの広告コードは問題なくできますが、
jsを使ったコードの場合はこれでは不可能なので、工夫を。
後からjQueryを使いCSSで表示する方法が簡単。

楽天モーションウィジェットを使う方法

これはページ読み込み時に実行しないと、どうも広告が表示されない。
そのため、CSSで非表示にしておき、jQueryのスクロールイベントでidを消して表示させる。
メチャクチャな方法なので、誰か完璧な方法をコメント求む。
(スクロールでの発動位置は調整できる書き方にしている。ほぼ某サイトのコピペ)

<div id="raku1">
ここに楽天モーションウィジェットのコードを入れる。
</div>

<script>

$(window).bind("scroll", function() {

if(mita == 1){
}else{
var mita = 1;

if($('#google_esf').length){

}else {
scrollHeight = $(document).height();
scrollPosition = $(window).height() + $(window).scrollTop();

if ( (scrollHeight - scrollPosition) / scrollHeight <= 1.00) {
$('#raku1').removeAttr('id');
};
};
};
});

</script>

ひどい。

最後に

アドセンスの表示はどう頑張っても無理っぽい。

アドブロックは強力過ぎるので、アドセンス強制表示は無理そうです。
そのため、その他の広告となるのですが、代替となるものは少ない。
楽天モーションウィジェットはジャンルによってはほぼ無意味。

もはやpv数で稼ぐ方法は終わったのかもしれない。
成果報酬型で稼がないと生き残れないのは間違いない。

まぁ、前向きに考えていこう。

是非ご感想・ご指摘等をください。

プロフィール

管理人:parudou
単なるWEBサイト作成マニアです。
底辺法人アフィリエイター。
Twitterはこちら

日記はパルどうSEOブログ

閲覧履歴
履歴なし
カテゴリー
Copyright (c) parudou All Rights Reserved.